マンスリーマンションは保証人や敷金・礼金が特に必要ありません

SITEMAP

マンスリーマンション

ペットと一緒に住めるマンスリーマンションの物件

犬などのペットと一緒にマンスリーマンションで住む場合、不動産屋のホームページなどの情報から一緒に住める物件を探す事が基本です。多くのマンスリーマンションでは、一緒に生活する条件として、ペットの種類を限定している事に気を付けます。物件の情報を見ると、小型犬を限定して住める所が多いです。小型犬だけの条件を記載していれば、基本的には犬種に関しては問わない事が多いです。
愛犬を連れて入居する事を考えている場合、ペットの入居を容認している物件であっても、犬種の種類などを不動産屋の担当者に伝えておきます。出来れば、飼っている犬などの写真を撮って、担当者と相談しながら希望する所を決めると、契約などがスムーズに行きやすいです。
愛犬と一緒にマンスリーマンションに入居する事になった場合、ペットの管理に十分に配慮する事は飼い主としての基本です。犬が爪で壁や床を傷つけたり、汚してしまった場合に支払う修繕費用や清掃費用が高くなる事もあります。元々置いてあった家具や家電製品などに関して、持ち主は管理会社や不動産屋である事を自覚します。家電製品などを愛犬が壊した場合、原則的に弁償などの費用を支払う事を考慮して、普段からしつけなどを行っておく事も大切です。

NEW POSTS

LIST

TOP